雇用形態の定義


ハワイで一般的な雇用形態について定義しておきます。

フルタイム

Full Timeは通常、週40時間以上の勤務をする従業員を意味します。

法律の定めにより、週40時間以上の勤務については、基本時給の1.5倍の金額を支給する必要があります。

給与の取り決めは、時給制の場合もあれば、月給制の場合もあります。

パートタイム

Part Timeは通常、週40時間未満の勤務をする従業員を意味します。

その中でも、週20時間以上を勤務をする従業員については、会社が費用負担し、健康保険を提供しなければなりません。

このため、複数の従業員を組み合わせて勤務時間が20時間を下回る様にシフトを組むのが、管理職の重要な仕事となっています。

オンコール

On Callは、事前に時間やスケジュールを詳しく決めず、必要に応じて、仕事に来てもらう勤務形態です。

インディペンデント コントラクター

Independent Contractorは、いわゆる個人事業主です。

会社とインディペンデントコントラクターの間には雇用契約ではなく、業務委託契約があります。

会社からインディペンデントコントラクターへは、給与ではなく、契約に応じた額が支払われます。

給与ではないため、所得税の源泉徴収はしません。

また、政府に対する法定福利費の支払いや、健康保険の義務も生じません。

年度末にForm 1099を発行し、1年分の支払い額を政府に報告します。

リムジンドライバー、派遣型マッサージセラピスト、観光ガイドなどはこの形を取っていることも多い様です。

サラリー制の場合の基本時給の算出

サラリー制の場合でも、勤務時間が週40時間を超えた場合は、基本時給の1.5倍の時間外勤務手当を支払う必要があります。

基本時給は以下の様にして算出します。

(月給 x 12ヶ月)÷ 52週間 ÷ 40時間

例えば、月給が$3,000の場合は、年間給与額が$36,000、週あたり$692.31、1時間あたり$17.31となります。

by aloha-connections /

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です