ケーススタディ

競合の多い業種・業界

飲食店

第1位はやはり飲食店です。新規開店してから5年間生き残れるのは、全体の15%と言われています。

新しいものが好きなハワイのローカルで、最初の3ヶ月はどんな店でも流行るのですが、その後息切れしてしまう店が多い様です。値段と、味のバランスが取れていると長続き出来るかもしれませんね。

中には、想定していた客層と、実際の客層が完全ミスマッチのお店もあります。事前のシュミレーションは、どんどんアロハコネクションにご相談下さい。

エステ、マッサージ

昨今のトレンドなのか、収入アップを目指しているのか、各ホテルが施設内にスパを設ける様になって、エステ、マッサージ業界も過当競争になっています。かなりいろいろな事が試みられているので、新規参入には新しい切り口が欲しい所です。

旅行業

パッケージ旅行が廃れて行くに従い、旅行業界も様変わりしています。

旅行者が手にする情報量が増えるにつれ、旅行手配は値段勝負、体力勝負になっています。流行廃りも実に早い。こちらも新規参入する場合には、全く新しい切り口が欲しい所ですね。

競合の少ない業種・業界

おいしいパン屋さん

柔らか系のパン屋さんはたくさんあるのですが、ヨーロッパ系のどっしりしたパンを提供出来るところがほとんどありません。ベーグル専門店なんかもありかも。

おいしいパスタ屋さん

ほとんどのイタリア料理店、パスタ屋さんでは茹ですぎのパスタを提供しています。キャンベルのチキンヌードルスープ缶に慣れたアメリカ人向けに、わざとゆるく茹でているのでしょうか?こだわりのアルデンテを出すパスタ屋さんは如何でしょうか?

おいしいスープ屋さん

日中暑いので、以外に思われるかもしれませんが、ハワイの夜は風も強く、結構冷え込みます。そんなときに、ほっとできるスープ屋さんの需要はきっとあるはず。小さな子供がいるファミリー層にもウケること間違い無し。

IT関連

ハワイ州政府は、テクノロジー系企業のハワイへの誘致に力を入れています。残念ながら、ロケーションの問題か、細いインターネット回線の問題か、成功しているとは言い難い状況です。

流行のiOSやアンドロイド向けのソフトウェアハウスなど良いかもしれませんね。(ハワイでは競合はありませんが、世界で競合することになりますが…)

教育関連

語学学校の提供する、英語教育は旧世代の教育産業です。現在は、次の時代に必用とされるスキルを学べる場を習得できるプログラムが期待されています。

通販ビジネス

4方を海で囲まれたハワイでは、物流コストが最大のネックとなり、通販ビジネスは主流ではありません。
ハワイのビジネスで通販をしている場合でも、アメリカ本土や、日本国内に実際の配送センターを持つ事が多くなっています。

農業

かって、日本からの移民を多く受け入れたサトウキビ、パイナップル等の生産が海外勢との価格争いに敗れてから、ハワイの農業は永らく衰退したままでした。

ここに来て、昨今のエコブームから、地消地産が奨励される様になり、ハワイ州内でも有機栽培野菜やブランド野菜が生産されつつあります。

ハワイでエステ、マッサージサロンを始める

観光地という土地柄、のんびり指向の旅行者に、エステやマッサージは根強い人気があります。

ウエディング客や、ハネムーナーの利用も多いですね。

昨今のトレンドなのか、収入アップを目指しているのか、各ホテルが施設内にスパを設ける様になって、エステ、マッサージ業界も過当競争になっています。

サロンの出店には、しっかりした顧客像の設定と、立地を充分に考える必要があります。
また、既にかなりいろいろな事が試みられているので、新規参入には新しい切り口が欲しい所です。

あなたのビジネスアイデアの実現度、アロハコネクションにお気軽にご相談下さい。

店舗物件のご紹介

商品、商材をベースに、モデルとなる顧客像をご一緒に作り上げ、最適な店舗の立地、実際の店舗物件を調査の上、ご提案させていただきます。

仕入れルートの確保

ハワイで生産されている物は、非常に限られているため、通常は米本土から商品を仕入れることになります。弊社では信頼の出来る卸売り業者を紹介させていただいております。

類似サービス比較

おおよそどの様なサービスを提供されるのかお聞かせ願えれば、店舗の周辺での類似サービス、販売価格をお調べし、レポートさせていただきます。

エステ、マッサージ事業買収(M & A)

どうしても押さえておきたい立地、素早いビジネスの立ち上がりのためには、事業買収(M & A)は有効な手段です。
また、既存のビジネスを事業買収(M&A)すると、買収資金は投資とみなされます。

条件が合えば、投資ビザ(Eビザ)の取得が可能です。

エステ、マッサージに関連するビジネス

  • エステティックサロン
  • 各種マッサージ施術
  • エステ、マッサージスクール
  • ヨーガ
  • スピリチャルガイド

ハワイで不動産業を始める

温暖な気候から、根強い人気があるハワイ。

投資としてもつのも良し、別荘として持つのも良し。格安物件から、ラグジュアリーな邸宅まで、様々なニーズに応える事が出来るのが、ハワイの不動産の人気です。

不動産業ライセンス

ハワイで不動産業を営むためには、ご自身がハワイ州の不動産業ライセンスを持っているか、他にライセンス保持者を採用している必要があります。弊社では、適当なライセンス保持者の採用のお手伝い、ご紹介をさせていただいております。

また、ご希望であれば、ライセンス取得に必要なプログラムの紹介もさせていただきます。

不動産事業買収(M & A)

既存のビジネスを事業買収(M&A)すると、買収資金は投資とみなされます。
条件が合えば、投資・貿易ビザ(Eビザ)4の取得が可能です。

但し、不動産業はライセンスが絡んでいる事もあり、売られることはあまりありません。
むしろ、日本の関連会社との取引を一定以上になるようにして、投資・貿易ビザ(Eビザ)を検討された方が良いかもしれません。

不動産業に関連するビジネス

  • 不動産売買
  • 賃貸、バケーションレンタル
  • タイムシェア
  • クリーニングサービス
  • インテリアデザイナー
  • 内装施工業者
  • ソーラーパネル
  • 各種レンタル

ハワイでレストラン・カフェを始める

毎年、たくさんのレストランやカフェがオープンするここハワイ。

ビジネスを成功させる為には、客層とロケーションの選択がポイントです。
また、信頼出来る仕入れルートを確保する事も大変重要です。

新しいものが好きなハワイのローカルで、最初の3ヶ月はどんな店でも流行るのですが、その後息切れしてしまう店が多い様です。値段と、味のバランスが取れていると長続き出来るかもしれませんね。
中には、想定していた客層と、実際の客層が完全ミスマッチのお店もあります。

店舗物件のご紹介

商品、商材をベースに、モデルとなる顧客像をご一緒に作り上げ、最適な店舗の立地、実際の店舗物件を調査の上、ご提案させていただきます。

仕入れルートの確保

ハワイで生産されている物は、非常に限られているため、通常は米本土から食材を仕入れることになります。弊社では信頼の出来る卸売り業者を紹介させていただいております。

類似業態比較

料理のジャンルや形態をお聞かせ願えれば、店舗の周辺での類似のお店、メニュー、販売価格をお調べし、レポートさせていただきます。

レストラン・カフェ事業買収(M & A)

どうしても押さえておきたい立地、素早いビジネスの立ち上がりのためには、事業買収(M & A)は有効な手段です。
また、既存のビジネスを事業買収(M&A)すると、買収資金は投資とみなされます。

条件が合えば、投資ビザ(Eビザ)の取得が可能です。

許認可

営業許可を得るまでに必要な許認可は以下の通り。

  • 建設許可
  • 内装工事許可
  • 衛生局の審査
  • 消防署の許可
  • リカーライセンス(お酒を出す場合)

レストラン・カフェに関係するビジネス

  • レストラン
  • カフェ
  • バー
  • クラブ
  • ワゴンでの移動販売
  • 食材の輸出入
  • インテリアデザイナー
  • 施工業者
  • コック、パティシエ
  • バリスタ、バーテンダー、ソムリエ
  • 日本酒の輸入販売

ハワイでアパレル・雑貨販売を始める

購買欲の高いビジターが多いハワイは、リテーラーにとっては理想的なマーケットかもしれません。
お土産用のTシャツを一人10枚単位で販売するお店、こだわりのセレクトショップも人気です。

店舗物件のご紹介

商品、商材をベースに、モデルとなる顧客像をご一緒に作り上げ、最適な店舗の立地、実際の店舗物件を調査の上、ご提案させていただきます。

仕入れルートの確保

ハワイで生産されている物は、非常に限られているため、通常は米本土から商品を仕入れることになります。弊社では信頼の出来る卸売り業者を紹介させていただいております。

類似商品価格比較

おおよそどの様な商品を取り扱われたいのかお聞かせ願えれば、店舗の周辺での類似商品の品揃え、販売価格をお調べし、レポートさせていただきます。

アパレル・雑貨販売 事業買収(M & A)

どうしても押さえておきたい立地、素早いビジネスの立ち上がりのためには、事業買収(M & A)は有効な手段です。
また、既存のビジネスを事業買収(M&A)すると、買収資金は投資とみなされます。

条件が合えば、投資ビザ(Eビザ)の取得が可能です。

アパレル・雑貨販売に関連するビジネス

  • リテールショップ経営
  • ホールセラー
  • セレクトショップ
  • 靴、メガネ
  • アクセサリー、ジュエリー
  • 時計
  • 土産物
  • サンダル
  • 水着
  • Tシャツ
  • アンティーク
  • サーフィン、マリンスポーツ
  • ゴルフ
  • ランニング、トライアスロン
  • グラフィックデザイン
  • ショップデザイン、施工

ハワイでヘアサロン、ネイルサロンを始める

人種により髪質が異なるので、必用とされるテクニックは異なります。このため、技術のある日本人ヘアスタイリストには根強い人気があります。

ネイルサロンも同様です。手先の細かい作業には定評があります。

店舗物件のご紹介

商品、商材をベースに、モデルとなる顧客像をご一緒に作り上げ、最適な店舗の立地、実際の店舗物件を調査の上、ご提案させていただきます。

仕入れルートの確保

ハワイで生産されている物は、非常に限られているため、通常は米本土から商品を仕入れることになります。弊社では信頼の出来る卸売り業者を紹介させていただいております。

類似サービス価格比較

おおよそどの様なサービスを提供されたいのかお聞かせ願えれば、店舗の周辺での類似サービス、販売価格をお調べし、レポートさせていただきます。

ヘアサロン、ネイルサロン事業買収(M & A)

どうしても押さえておきたい立地、素早いビジネスの立ち上がりのためには、事業買収(M & A)は有効な手段です。
また、既存のビジネスを事業買収(M&A)すると、買収資金は投資とみなされます。

条件が合えば、投資ビザ(Eビザ)の取得が可能です。

ヘアサロン、ネイルサロンに関連するビジネス

  • ヘアサロン
  • ネイルサロン
  • まつげエクステンション
  • 脱毛サロン
  • パーソナルトレイナー
  • ウエディング
  • インテリアデザイン、施工

ハワイで観光業を始める

常夏の島ハワイ、観光はハワイ州の総収入の約4分の1を占める主要な産業です。

人口約136万人のこの島々に、年間約1117万人の観光客が訪れます。構成は、アメリカ本土から688万人(約61.6%)、日本から190万人(約17%)、カナダから75万人(約6.7%)、ヨーロッパから23万人(約2%)、オセアニアから33万人(約3%)、日本以外のアジアから28万人(2.5%)、南米から5万人(約0.4%)となっています。(ハワイ州政府観光局2010年度統計による)

人口の8倍の旅行者が訪れるハワイですから、旅行者向けの様々なサービスがビジネスとして成り立ちます。

パッケージ旅行が廃れて行くに従い、旅行業界も様変わりしてきました。

旅行者が手にする情報量が増えるにつれ、旅行手配は値段勝負、体力勝負になっています。流行廃りも実に早い。新規参入する場合には、全く新しい切り口が欲しい所ですね。

あなたのアイデアの実現度、アロハコネクションに是非ご相談下さい。

旅行業のライセンス

ハワイ州内で旅行業を営むには、ライセンスを取得する必要があります。
また、お客様からの支払を保全するトラストアカウントの保持が必要です。

加えて、接客用に事務所以外にホテル内や街中にツアーデスクを持つ場合は、別途ライセンスが必用と成ります。

GE Tax(セールスタックス)の取り扱い

旅行業の場合GE Tax(セールスタックス)の取り扱いが異なります。
通常のビジネスの場合は、売り上げが課税対象となります。
一方、旅行業の場合、旅行代金の売り上げから、ホテルやツアー業者に支払った差額(粗利)が、課税対象となっています。

旅行事業買収(M & A)

既存のビジネスを事業買収(M&A)すると、買収資金は投資とみなされます。
条件が合えば、投資・貿易ビザ(Eビザ)の取得が可能です。

但し、ビザの対象となるためには、一定以上の規模のビジネスである必用があります。
現地のビジネス規模が充分では無い場合は、日本の関連会社との取引を一定以上になるようにして、投資・貿易ビザ(Eビザ)を検討された方が良いかもしれません。

観光に関連するビジネス

  • 飲食関係
    • レストラン
    • カフェ
    • 予約代行業
  • 移動手段
    • 航空会社
    • クルーズ会社
    • レンタカー
    • タクシー
    • トロリー
    • レンタル(自転車、モペッド、セグウェイ等)
  • 宿泊関係
    • ホテル経営
    • バケーションレンタル(コンドミニアム賃貸)
    • タイムシェア
  • その他サービス
    • 旅行手配会社
    • オプショナルツアー手配会社
    • オプショナルツアー提供会社
    • ベビーシッター
    • 通訳業
    • 両替業
    • ショー、パフォーマンス
    • レッスン
    • 土産物(ウクレレ、フラグッズ、CD、DVD、食品、飲料、健康食品)
    • レンタルグッズ
    • ウエディング

ハワイでウエディング会社を始める

日本人カップルに人気の海外ウエディング。中でもハワイは、いちばん人気です。

最高の立地

1年を通して温暖な気候、海外らしさを演出するトロピカルな風景、充実したホテルやレストランなど、全てが揃うハワイならではでしょう。

また、太平洋の真ん中に位置するので、アメリカやオーストラリアに住む国際結婚カップルが、日本からゲストを招いて結婚式を挙げるのにも適しています。

最近は、台湾や中国、韓国のカップルも増えてきています。

2つの業態

ハワイのウェディング業には大きく2つのタイプがあります。

  1. 日本の衣装会社、ウェディング会社を母体とする業態
  2. 独立系業態

かつては圧倒適に前者が主流でしたが、最近は大手のコストダウンやアウトソースの流れを受け、後者の独立系が力を伸ばしています。

マーケットの違い

欧米人の挙式と日本人の挙式には、その内容に明確な違いがあります。

欧米人は、通常地元の自分が信仰する教会での挙式が主流です。このため、旅先となるハワイでの挙式場所として教会が選ばれる事は稀です。ホテルやビーチ、邸宅等での挙式が主流です。

一方、日本人カップルは、ホテルや邸宅も増えてきましたが、やはり教会での挙式が主流となっています。

ウエディング事業買収(M & A)

既存のビジネスを事業買収(M&A)すると、買収資金は投資とみなされます。
条件が合えば、投資・貿易ビザ(Eビザ)の取得が可能です。

但し、ビザの対象となるためには、一定以上の規模を持つビジネスである必用があります。
現地のビジネス規模が充分では無い場合は、日本の関連会社との取引を一定以上になるようにして、投資・貿易ビザ(Eビザ)を検討された方が良いかもしれません。

ウエディング関連するビジネス

  • ウエディングプランナー
  • ドレスメイカー
  • フラワーアレンジメント
  • パティシエ
  • メイクアップアーティスト
  • ヘアサロン
  • エステティックサロン
  • フォトグラファー、ビデオグラファー
  • ケータリング
  • リムジン会社
  • 司会
  • 司祭、牧師
  • ミュージシャン、ダンサー、エンターテナー

by aloha-connections /