ハワイのM&A – 会社買収

ハワイのM&A – 会社買収について解説します。

ハワイでM&A - 会社買収

ハワイのM&A – 会社買収の流れ

M&A – 会社買収はおおよそ以下の流れとなります。
内容により異なりますが、通常は3ヶ月〜6ヶ月程度の時間がかかります。

  1. カウンセリング、おおよその事業内容、価格、立地希望などの条件聞き取り
  2. 売り手企業探し
  3. 下見
  4. 売り手企業からの価格・条件提示
  5. デポジット(優先交渉権代)支払い(必要ないこともあります)
  6. 財務諸表などの開示
  7. 買い手からの価格・条件提示
  8. 価格・条件のすり合わせ
  9. 買取価格・条件の決定
  10. 契約・買収金支払い

M&A – 会社買収のメリット

ハワイでM&A – 会社買収するメリット、デメリットを考えてみました。

メリット

  • まとまった出資になるため、投資ビザが取りやすい
  • 事業開始が早い
  • ライセンスを引き継げる場合がある コストと時間の節約

デメリット

  • 隠れた問題があることがある

事前に、十分検討する必要があるでしょう。

M&A – 会社買収で買い取れるもの

一般的にはM&A – 会社買収で以下のものが買い取れます。

  • 現リースの引き継ぎ権
  • のれん代
  • 現商品やサービス
    例:ビジネス特有のノウハウ、飲食業の場合はレシピなど
  • 車両や什器備品

さらに会社(法人)ごと買い取る場合は、以下のものも買い取れる可能性があります。

  • 販売代理店契約、大手との取引契約
  • 法人のライセンスの引き継ぎ
    保健所の認可、リカーライセンス(酒類販売許可)
  • 現従業員の引き継ぎ

M&A – 会社買収で、どのようなビジネスが売られるのか?

それではM&A – 会社買収では、どのようなビジネスが売られるのでしょうか?

ケース1 儲かっていないビジネス

まず最初に考えられるのは、儲かっていないビジネスです。
十分な利益が生まれないので、現オーナーが、ビジネスを手放したいケースです。
一般的に相場よりも価格が安いことが多いです。
儲かっていない原因を解決できそうであれば考慮してもいいでしょう。

ケース2 儲かっているビジネス

次に考えられるのは、儲かっているビジネスです。
十分な利益が上がっているので、現オーナーが高値が着くうちに手放し、次に行きたいケースです。
一般的には相場よりも高い価格となることが多いです。
買収後も引き続き利益を生む可能性が高いです。

ケース3 その他の事情

最後に考えられるのは、その他の事情です。
具体的には、リタイアや親の介護など家族の事情でハワイを離れたい際に売られるケースです。
現オーナーが売りを急いでいる場合は、割安で購入できる可能性が高くなります。

M&A – 会社買収しやすいビジネス

レストランやリテールのお店は、数も多く、マーケットから退場する人も多いため、買収候補を見つけやすいです。
また、投資ビザも取りやすくなっています。

それ以外のビジネスは、買取候補を見つけるのが、なかなか難しいかもしれません。また、小規模のビジネスは、買取易いですが、投資ビザも簡単ではありません。

特殊な条件を追加しよう

会社買収時に追加の条件を付け加えることにより、購入後の事業契約が簡単になることがあります。

  • 現オーナーに一定期間、事業指導してもある
  • 現マネージャー、スタッフをそのまま引き継ぐ
  • 現オーナーが、一定期間、近隣で同様のビジネスをはじめることを禁止する

ハワイでのM&A – 会社買収について、解説しましたが、いかがでしたでしょうか?ハワイでM&A – 会社買収をお考えでしたら、ぜひ、aloha-connectionsにお問い合わせください。

by aloha-connections /