会社設立サポート

現地法人

現地法人の形態は、日本で言うところの有限会社(Limited Liablity Company = LLC)と株式会社(Corporation)のいずれかにされるケースが多いです。

将来的にスタッフのビザを取る事を考え、日本の企業の100%出資子会社として株式会社を設立される事をお勧めします。

子会社化のメリット、注意事項

経費計上

現地で発生した経費は経費計上可能です。

ビザ

投資ビザ(E-2)や社内転勤ビザ(L-1)の申請が可能となります。

価格移転税制 Transfer Pricing

価格移転税制の問題により、税務署の調査が入る可能性があるので、日本の親会社との取引がある場合は、利益の配分や値付けについて、透明性のある根拠を提示出来る様にしておく必要があります。

会社買収(M&A)とその他の事業形態

会社買収(M&A)

既存のビジネスを居抜きで買うことにより、事業開始までの時間を短縮することが出来ます。
また、 買収金額によっては、投資ビザ(E-2)の取得が可能となります。

フランチャイズ

ハワイの既存ビジネスとフランチャイズ契約を結ぶことにより、事業が軌道に乗るまでの時間を短縮する事が出来ます。
契約内容によっては、日本での展開も可能となります。

事業形態比較

様々な事業形態を比較してみました。

新規起業 子会社 会社買収 フランチャイズ
知名度
軌道に乗るまで
業態の自由度
転勤ビザ
投資ビザ
  • 新規起業=新規に起業した場合、
  • 子会社=日本の子会社として新規設立した場合、
  • 会社買収=既存のビジネスを買い取った場合、
  • フランチャイズ=現地の既存のビジネスとフランチャイズ契約を結んだ場合。

会社設立、登記に必要な事項

株式会社の場合です。LLC(有限会社)などの場合は必要項目が異なります。

法人名、商号

法人名、商号については、他社と同じものを登録する事が出来ません。 弊社では、コンサルタント契約をお申し込みのお客様に対して、事前に類似の登録が無いか、お調べしております。

所在地

役所から書類が送られてくる郵送先を決めます。自宅でもかまいません。弁護士や公認会計士が当面の住所を貸してくれる事もあります。

資本金額、株式発行数、株主の構成

資本金は$1から可能です。株式発行数x一株$1とする事が多いです。

取締役

会社の方針を定める取締役(Director)を設けます。複数儲けることが可能です。

役員

会社の運営を司る役員(Officer)を定めます。通常、社長(President)、副社長(Vice President)、書記(Secretary)、監査役(Treasurer)の4職種を設定します。

ひとりで全て兼務する事も可能ですし、2人で2職種づつ、ひとり1職種という事も可能です。

主な業務内容

主な業務内容を定めます。

事業を開始する日

会社が実際に動き出す日を設定します。最終的に前後しても構いません。

決算日

会社の決算締め日を決めます。通常は12月末日とします。

向こう1年間の従業員数

会社設立してから、向こう1年間の従業員数を概算します。
会社設立の際には、弁護士をお使いになる事をお勧めします。
コンサルタント契約をお申し込みのお客様については、弊社から弁護士及び、公認会計士を、ご紹介させていただきます。

ハワイの弁護士紹介

会社設立やビザの申請にあたっては、やはり、法律の専門家の協力が必要です。

良い弁護士の選び方

  • 最初の面会からお金の話しかしない弁護士は避けた方が良いでしょう。
  • それぞれの弁護士は専門分野を持っています。
    会社設立の際には、会社設立の経験が豊富で、関連法に明るい弁護士を選びましょう。
  • 訴訟の際には、大きい弁護士事務所の方が、有利に話が進むことがあります。
    (裁判官に知り合いが多かったり、実際にOBだったりする。)但しその分費用はかさみます。
  • 評判の良い弁護士はクチコミだけで充分な顧客を抱えています。テレビや雑誌に広告を出している所は避けても良いでしょう。

日本で支店登記

ハワイで法人登記をすると、日本でも支店登記が可能です。

日本で支店登記すると、会社名で銀行口座を持つ事が出来るので、日本での信用度がぐっとアップします。

但し、日本でも確定申告&納税する必要が出て来ます。あらかじめ、ご理解下さい。

ハワイの会計士紹介

アロハコネクションでは、お客様のニーズに応じて、適切な公認会計士をご紹介させていただきます。お気軽にinfo@aloha-connections.comにまでお問い合せ下さい。

by aloha-connections /