ハワイ 起業 ビザ


ハワイ 起業 ビザ

ハワイで起業する場合のビザについてまとめました。

投資ビザ E-2

一番考えられるのが、投資ビザ E-2です。
起業して投資するか、事業買収して申請することも可能です。

起業ビザの要件

起業して投資ビザE-2を得るためには一般的には、以下の要件を満たす必要があります。

  • まとまった額の投資が完了している。
    2018年時点で20万ドル(約2千万円)が最低ラインとお考えください。
  • 複数の現地従業員を雇用する
    アメリカ市民、永住権保持者を複数名雇用する必要があります。
  • 将来性のある事業計画がある

起業ビザの難易度

トランプ政権下、ビザの発行数は激減しています。
2016年と2017年を比較するとビザの発行数は3分の1になったそうです。
より多い投資、より多い現地雇用などがあったほうが、ビザが取れやすいかもしれません。

起業ビザのタイムテーブル

起業してから、あるいは事業買収してからビザを得るまでには最短でも3ヶ月、通常は6ヶ月程度の期間を見ていただく必要がるでしょう。

  1. 会社設立
  2. 投資 or 事業買収
  3. ビザ申請

投資の内容

投資ビザの投資にはいくつか条件があります。

  • アメリカ国内で投資している
    日本から送った在庫や什器備品は投資とみなされません
  • 居住用の不動産は投資とみなされません

以下のものは投資とみなされます。

  • アメリカの企業から買い付けた什器、備品、在庫
  • 店舗用不動産
  • 車両
  • アメリカの企業から購入したウェブサイト、コンピューターシステム、ソフトウェア

by aloha-connections /

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です